4. 製品紹介 工事写真台帳  
工事現場で使用する、工事写真台帳ソフトです。
LibreOffice,OpenOfficeで動作します。
Windows版ですが、同じファイルがLinuxでも動作します。

・写真フォルダを指定して、まとめて取り込み機能付き。
・4,000x3,000ピクセルなどの大きな画像でも、まとめて最適なサイズに縮小して
 取り込みが可能なので、メモリ不足で落ちることがありません。
・1枚ずつの写真挿入、削除もできます。

体験版(機能限定版のフリーソフト)が以下よりダウンロードできます。
 http://tanaka-cs.co.jp/download/PhotoAlbum.ods

動作にはLibreOfficeが必要で、マクロのセキュリティを「中」に設定する必要があります。
・LibreOfficeのダウンロード
 http://ja.libreoffice.org/download/

・マクロのセキュリティの設定方法
 LibreOfficeを開き、「ツール」ー「オプション」ー「LibreOffice」ー「セキュリティ」
 「マクロセキュリティ」ボタンをクリックして、「セキュリティレベル」を「中」に設定して
 LibreOfficeを一度閉じて開き直してください。


■□■□■□■□■□■□■□■□
   工事写真台帳使用方法
■□■□■□■□■□■□■□■□

1.エクスプローラで写真ファイルの一覧を表示し、
  エクスプローラウィンドウの上の方にあるフォルダの場所を
  クリックした後、右クリックして「テキストとしてコピー」を選択します。

2.LibreOffice側で「フォルダ全部」のテキストボックスを右クリックして
  「貼り付け」します。

3.「全て貼り付け」ボタンをクリックします。

4.「画像サイズを調整しますか?」には、「はい」を押すことを
  おすすめします。

5.フォルダにある全ての画像ファイルが表示されます。

6.画像を選択して「Del」キーで削除したり、
  上下に移動したり、
  カーソル位置に「1枚だけ貼り付け」したり、
  ワープロ感覚で自由に写真台帳を編集できます。

7.「1枚貼り付け」機能を利用するには、ファイル名のコピーツールがあると
  便利です。フリーのものがいくつかあります。探してみてください。
  古いツールの場合、「C:\Windows\System32」フォルダにDLLやXMLを置いてから
  「管理者権限で」インストールバッチファイルを実行する、といった対応が
  必要になるかもしれません。この方法でVectorの「COPIPA」というツールが
  Windows8で動作しました。


 ※貼り付けた写真ファイル名やフォルダ名は、途中で変更しないでください。
  リンクが切れて非表示になります。ファイル名・フォルダ名を戻せば
  再び表示されるようになります。

  ご不明な点などありましたら、お気軽にメールにてご連絡ください。


■Vectorで購入できます。
http://n.shop.vector.co.jp/service/servlet/Catalogue.Detail.Top?ITEM_NO=SR361600

■弊社作成のLibreOffice拡張機能を併用すると便利です。
 ImgCell Ver1.0
http://extensions.libreoffice.org/extension-center/imgcell-1

■最新版はこちら
・Calc セルへの画像ドロップ機能
 http://tanaka-cs.co.jp/ImgCell.html

最終更新日:2014/12/24


前へ次へ