12. Javaアプリフレームワーク   
GitHubで公開中のOpenSeihoの可能性は、生活保護システムに留まりません。

OpenSeihoは、ケース数1000〜2000世帯程度の比較的小規模なシステムを想定しており
「文系向け業務レイヤー」と「理系向けシステムレイヤー」
に分かれた、Javaクライアント・サーバーシステムのフレームワークを
内包しています。


このフレームワークには以下の特徴があります。
■業務レイヤー
 既存のロジックをコピー&ペーストしてコンポーネント名をつなぐだけで
 簡単に「画面デザイン」「DBアクセス」「帳票印刷」が可能です。
 帳票印刷にはLibreOffice Calcを用います。
 改ページを伴う連続帳票出力、印影等のイメージ挿入が可能です。
 主に文系の開発者が、顧客の要望対応に集中できるよう
 徹底的にシンプルなフレームワークとなっています。

■システムレイヤー
 理系の開発者向けに、如何に業務レイヤーを単純化するかのみを追求した
 レイヤーとなっています。
 業務レイヤーとのインターフェースは、業務ロジック開発者にとって覚えやすく、
 コピー&ペースト及び、IDEのコード補完のみで、開発の殆どが済んでしまうよう
 工夫して設計されています。システムレイヤー開発者は、業務レイヤー開発者が
 ユーザの要望を最短時間で解決するために最善を尽くして下さい。

■環境を選ばないフレームワーク
 OpenSeihoフレームワークは、Linuxでも、Windowsでも、
 そしておそらくMacでも動作可能です。
 帳票印刷は、LibreOfficeとOpenOfficeの動作確認を行っています。
 (LibreOfficeは、2014/04/04時点で、デイリービルドで動作します。
  後日配布予定のバージョン4.1.6が必要です。)
 データベースは、PostgreSQLを使用しています。
 OSは、LinuxとWindowsで動作確認を行っています。
 可能な限り「自由」にこだわって作成しています。


■これからIT業界を目指す若者の皆さんへ。
 これらのフレームワークを利用して、新しい業務パッケージを
 オープンソースで作成してみませんか?
 オープンソース、とりわけJavaのソースコードは、
 おそらく100年後にも残ることでしょう。
 JavaはC言語の後継で、ノイマン型コンピュータの開発言語としては
 完成形と呼んで差し支えないほどの合理的な言語です。

 OpenSeihoは、NetBeans 7.4で開発しています。
 簡単なヒントのメモ書きが付いており、
 ある程度Javaを勉強していれば、ソースコードを参照しながら
 動作環境を構築できるはずです。
 無事に動作させることができる能力があれば、このフレームワークを使って
 オープンソースの業務パッケージを、我々と連携しながら
 開拓していきませんか?


■共同開発について
 弊社は、出資を募るつもりも、従業員を雇うつもりもありません。
 弊社は1人〜2人体制で開発を進めます。
 有能な技術者は、自分の得意分野を把握した上で独立すべきです。
 運に恵まれなければ、他の企業の下請けに甘んじる時期もあるかも知れません。
 しかし、IT業はパソコン一式と時間があれば、大きな元手なしで始められます。
 我々と大企業の市場独占を突き崩してみませんか?
 我々と対等な関係でプロジェクトを進めて頂ける、独立した共同開発者を募集します。
 得意分野を活かして、役割分担をしましょう。


前へ次へ