11. 開発の受託について 弊社の得意分野  
■弊社では生活保護システムを構築中ですが、現在受注の目処は立っていません。
 設立後1年間は、市役所への業者リスト登録が不可能なためです。

 そこで、小規模な業務システムの開発受託を致したく思います。
 ●データベース登録(レコード件数50万件程度の規模の開発経験があります)
 ●帳票印刷(印影や画像の出力可能)
 ●10画面程度以下(経験上、10画面あたり最短で2ヶ月程度は掛かります)
 ●Excelシートや既存データベースを、新規ソフトのデータベースに一括登録するといった
  サービスも、大部分のケースで可能です。(暗号化されておらずデータベースの種類が
  特定できた場合に限ります)
 ●弊社代表(兼開発者)は、市役所向け福祉業務システムの経験が深く
  公文書のシステム化の経験が豊富です。
 ●その他、弊社の技術的に可能であれば何でも対応可能です。
 ●基本的に、パソコンのアプリで開発効率が良く、
  タブレット端末向け開発では開発効率が落ちる傾向があります。
 ●Webアプリケーションの経験もあります。
  弊社が苦手とするのは、アニメーションや3D画像の分野、高度な暗号化等です。
 ●瑕疵担保責任の期間は、納品より1年間とさせて頂きます。
  納品から1年間は、バグ対応は無料です。
 ●お客様がご希望であれば、成果物であるソースコードを、インターネットで
  公開致します。オープンソースのパッケージソフト開発を請け負います。
 ●開発言語は、Javaを使用させて頂きます。WindowsとLinuxでの開発が得意ですが、
  両方で動作することを保証するのは困難を伴います。
  その場合は開発費も開発期間も大きく増加致します。ご承知置き下さい。

 上記のような、シンプルな業務システム開発を
 受託いたします。

 開発コストは作業1ヶ月あたり80万円を目安とし、
 おおよそ1画面(1機能)あたり15〜40万円程度です。(応相談)

 以下に、弊社のサンプルプログラムの動画をご紹介いたします。
 市役所向け生活保護システム「OpenSeiho」の認定画面です。
 この動画のプログラムの画面数は4つとみなし、開発費は80万円程度となります。
 http://youtu.be/TvG9Jr2fctk

 開発作業に割ける人員は、当面の間、弊社代表1名のみとなります。
 業界団体単位でまとめて発注頂き、ユーザ当たりの金銭的負担を軽減することも可能であり、
 しかもオープンソースで作成することが可能なため、
 システム完成後はお近くのIT会社に運用・保守を依頼することも可能かと思います。
 
 適用すべき端末数が多い、遠距離である、等といった場合、実費相当のご負担を頂きますが
 同一仕様・複数ユーザで負担を分けあうことで安価なシステム構築も可能です。

 以上、お見積りは無料です。
 お気軽にメールにてご連絡下さい。


 E-Mail : info@tanaka-cs.co.jp
      株式会社田中コンピューターサービス
      代表取締役 田中秀宗(TANAKA Hidemune)


前へ次へ