2. ごあいさつ   
Hello world!
(株)田中コンピューターサービス代表取締役の田中秀宗です。


■システムの構築をお考えの皆様へ

現在、オープンソースで市役所向け生活保護システムを構築中です。
ソースコードをオープンにすることで、ノウハウを持った人と知恵を集めてやろう、
というのが狙いです。会社に人を集めるのではなく、プロジェクトに人を集めるつもりです。
大きなプロジェクトを動かすときは、JV(ジョイントベンチャー)で小さな組織を束ねて
開発・適用を推し進めます。
弊社は元請けとならないように致します。これから、出来る人間が独立し
得意分野に手をあげて、知恵を持ち寄り協力してプロジェクトを進め、
利益を分け合う時代にしたいと思っています。

また、これからは企業ごとにノウハウを隠す時代では無いと考えます。
共有してこそ「知恵」に価値が生まれるのです。
従来のように、企業ごとに秘密にしていては、大量のロストテクノロジーができてしまう
ことでしょう。「担当がいなくなったので改修できない」という案件を私のところに打診してくる
ケースがありました。そういう問題は、ソースコードをクローズドにすることから生まれます。
私達は、未来に技術を伝える使命を持っています。ソースコードはオープンであるべきです。


予算が許せば、あなたの自治体のお近くのIT企業の若者に、
私共のノウハウをお伝えします。その見返りとして、顧客の要望をじっくり
お伺いし、あるべきパッケージの方向性を議論し、パッケージの改修部分を、
私どもの上流パッケージに取り込むことでソフトウェアの完成度を高めて参ります。
なお、ソースコードをオープンにすることで、業界標準が生まれます。
業界団体で資金を持ち寄り、安価にシステム構築をすることが可能なのです。


興味を持たれましたら、お気軽にご連絡下さい。

E-Mail : info@tanaka-cs.co.jp
     田中 秀宗


前へ次へ